要注意!?管理栄養士が教えます!カラダに良いと思って食べてませんか?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

食生活・食育ランキング

どうも!にくです(^^)

皆さん、健康のために毎日やってることってありますか?

栄養指導をしていると、「梅干しは身体にいいから1日1個食べてます」とか、

「乳酸菌飲料」はお腹のために1日1本飲んでます!

とか、色々と継続している方がいます!

継続できるって素晴らしい!

私は継続が苦手なので、ちょっと尊敬します(^^;

が、果たして本当に身体にいいのでしょうか?

テレビや新聞、雑誌、ネットの情報を鵜呑みにしてませんか?

 

全部が全部というわけじゃないですが、メディアで言われている良い効果というのは、その食品の一部を取り上げているだけで、その裏にある身体に良くない効果を無視していることが多いです!

栄養指導をしていて、患者さんが「身体にいいから食べてます!」という食品を以下にまとめました。

思い当たる食品があれば注意しましょう!

梅干し

梅干しにはクエン酸が含まれており、体に良いとされていますね。

実際にクエン酸は、「クエン酸回路」という体内のしくみで使用され、疲労でたまった乳酸を分解してくれ、疲労回復効果があります。他にも活性酸素予防にも効果があるとか・・・

クエン酸の話だけ聞けば、

 

「疲れが取れるなら食べよう!体によさそう!」

 

と思ってしまう人も多いかと思います。ただそれは一面を見ているだけで、違う角度から見ると塩分が非常に多く含まれる食品でもあります。

最近は減塩の梅干しも多いですが、減塩ではない梅干しでは、1粒で2.2g程度の塩分が含まれています。

2.2g!?

そんな数字言われてもわからん!

と思う方がほとんどでしょう。塩分を計りながら食べるなんてことは無理がありますので数字にとらわれなくても良いと思いますが、1つの指標として皆さんの1日にとって良い塩分の量を書いておきますね。

 

厚生労働省の基準によると

男性  1日8g→1食2.7g

女性  1日7g→1食2.3g

 

高血圧学会のガイドラインによると、、、

高血圧や心疾患のある方

1日6g未満→1食2g未満

 

この数字を見ていただくといかに梅干しが塩分を多く含むかお分かりになるかと思います。

 

 

味噌汁

味噌汁というか、味噌ですね!

 

味噌はご存じのように大豆から作られます。そのため、大豆に含まれているイソフラボンやビタミンE等が含まれており、抗酸化作用等が体に良いとされています。確かにそこだけ見れば体に良いかもしれませんが、塩分が多い食品になります。

健康のために!と味噌汁を毎食飲んでいる人もいますが、実は味噌汁お椀1杯で塩分が1.5~2g含まれています。減塩の味噌汁でも0.8~1.5g程度塩分が含まれていたりします。

味噌汁以外の汁物、お吸い物、コーンスープ、コンソメスープ等でも見た目は違えど味噌汁と同じ程度の塩分が含まれているため、すべての汁物を合わせて1日1杯に抑えておくのがおススメです!

 

そもそも塩分を摂り過ぎたらどうなるのか!?

・高血圧になる・・・高血圧になってしまうと色々な病気を引き起こす危険性があります

・むくみがでる・・・体に水分が溜まり、むくみや体重増加へつながります!ダイエットの敵です

ね(-_-)

・腎臓に負担がかかる・・・塩分(ナトリウム)が多く体内に入るとそれを排出するために腎臓ががんばって働き、疲れてしまいます。腎臓病の原因にもなります。

・お腹が減る・・・塩分を摂取すると胃液の分泌が促進されます、すると消化が早く進み、すぐお腹が減ってしまい間食等に繋がってしまいます。

ダイエットについては過去の記事を参考にしてください(^^)

運動しなくてもやせる!5つの食べ方!

http://nikueiyou.com/%e3%83%80%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%83%83%e3%83%88

 

 

ナッツ

 

ナッツ類には抗酸化作用のあるビタミンEやナトリウムを体外に排出するカリウム、味覚を整える亜鉛等が多く含まれています。が、脂質がすごく多く含まれており、ピーナッツやアーモンド10粒程度で油大さじ1杯と同じエネルギー量になります!

 

糖質等が少ないので間食としても用いられることがありますが、ついつい食べ過ぎてエネルギー過多になりやすい食品なので注意してください。

ちなみに脂質の過剰摂取をすると血糖値が下がりにくくなってしまいます。

 

ナッツ類は血糖値を直接上げる効果は少ないですが、血糖値を下がりにくくしてしまいますので糖尿病の方も食べ過ぎに注意してください。

 

アボカド

 

アボカドに多く含まれているオレイン酸による悪玉コレステロールの低下、ビタミンEによる抗酸化作用、グルタチオンによるアンチエイジング効果、カリウムによるナトリウムの排出等の体に良い効果があります。ただ、アボカドは森のバターと呼ばれるように、脂質を多く含んでいます。アボカド1/4個食べると、油大さじ1杯飲むのと同じエネルギー量になりますので、食べ過ぎに注意しましょう!

 

乳酸菌飲料

 

乳酸菌飲料には、もちろん乳酸菌やビフィズス菌等の善玉菌やオリゴ糖などが含まれていて、腸内環境を整え、免疫力を高める効果があります。

 

ただ、乳酸菌飲料にはたいてい砂糖が多く含まれています!乳酸は酸ですのでやはり酸っぱく、飲みやすくするためには砂糖が必要なんですね!

 

そしてその砂糖の量が結構多く、上の絵の良く見かける飲み物で、1本にコーヒーのスティックシュガー3gが3~4本入っていることになります!

 

飲み物は吸収が早く血糖値が上がりやすいです。血糖値が急上昇すればインスリンがたくさん分泌され結果脂肪を蓄えやすくなります。

また、砂糖は中性脂肪が上がりやすいです!

中性脂肪というと油のイメージが強いかもしれませんが、砂糖、果糖、アルコールでより上昇しやすくなります。

 

まあ、乳酸菌飲料は量や頻度が多くなければいいのではないでしょうか・・・

 

果物

 

栄養相談をしていると果物は体に良いからいくらでも食べていいと思ってました!

なんて方がたまにいらっしゃいます。

量を守っていただければ体にはいいと思います!

果物にはビタミン食物繊維カリウム等が多く含まれてます。

 

ビタミンは抗酸化作用、身体の色々な代謝の補酵素等々数えきれないほどいろいろな仕事をしています。

食物繊維は、血糖値の急上昇の抑制、悪玉コレステロールの排出、便性状の改善等々良い働きがあります!

カリウムは体内のナトリウムを排出する働きがあります!つまり血圧を下げる効果があるとされています!ただ、腎機能の低下を指摘されている方は、カリウムが体内に蓄積しやすくなり、心臓に負担をかけることになるので、カリウムについては医師や栄養士に相談しましょう。

スポーツドリンク

 

スポーツドリンクこそ体に良いイメージが強いかと思います!

水分の吸収が良くなるように砂糖と塩分の比率が調整されているものが多いです!

ただし、あるスポーツドリンクでは500mlペットボトル1本でコーヒーのスティックシュガー3g、11本分の砂糖が入っていることがあります!

×11

乳酸菌飲料同様に、高血糖、肥満、中性脂肪の上昇の原因になる可能性があります!注意しましょう!

 

オリーブオイル、エゴマ油、アマニ油

オリーブオイル、えごま油、アマニ油等は確かに質の良い油で、悪玉コレステロールを下げる働きや、特にえごま油やアマニ油はαリノレン酸という脂肪酸が含まれており、これは体内でEPAやDHAといった魚油に含まれる脂肪酸に変換され、炎症を抑える(癌の細胞の炎症を抑え、副作用を軽減する等)働き等があります。

ただし!油は油!

つまり、高カロリーです!

いつものサラダ油の代わりに使用する!ドレッシングの代わりに使用する!という使い方は良いですが、食事前にスプーン1杯飲む!ヨーグルトに入れて食べる!等の食べ方ではエネルギーをプラスしていることになり、やり過ぎれば肥満に繋がります!摂り過ぎに注意しましょう!

 

緑茶・コーヒー

緑茶なんていかにも体に良さそうですよね!?

実際、緑茶のカテキン(ポリフェノール)はダイエット効果や抗酸化作用があるとされています。コーヒーにもポリフェノールが含まれておりダイエット効果や抗酸化作用があるとされています。

 

では、何が体に良くないのか?

それは、緑茶やコーヒーに含まれるタンニンです!

タンニンは鉄分の吸収を阻害する物質です。

実は、鉄分はもともと吸収されにくい栄養素なのですが、タンニンを同時に摂取するとより吸収が悪くなります!

つまり、貧血がある方は、食事時には緑茶やコーヒーは飲まない方が良いとされています!

ただ、鉄分の吸収に関係ない食間に飲むのは良いでしょう!

食事中はタンニンが少ない、麦茶、ほうじ茶、ウーロン茶等がおススメです!

 

いかがでしたでしょうか?

知らずに食べている食品はありましたか?

決して食べていけないわけではありませんが、量などに注意して食べ過ぎないようにしましょう!


食生活・食育ランキング
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。